送別会におもう

年度末をひかえ、各方面で送別会がひらかれていることと思います。

先日息子が通う高校で、転出される先生方の歓送会がありました。

実は私PTA会長をしていまして、出席して参りました。

13人の先生方が異動され、そのなかに校長・教頭・事務長が含まれるという、

PTA会長にとっては(でなくても)驚天動地の思わず涙が出そうな人事異動。

誤解のないように言っておきますが、不祥事など一切ありませんから!!

信念と哲学のある校長先生。卒業式の式辞に至っては、気高くも荘厳な日本語

が並び、あんな綺麗な日本語が使えたらいいなぁ?と、卒業生以上に背筋を伸ばして聞いて

いました。

兄貴のような教頭先生。熊本で開催されたPTA九州大会に向かうバスの中で

意気投合。夜中にあったW杯の日本戦を、一緒にコンビニのおにぎりを握りしめながら

応援したこと忘れませんよ。でも、私のこと「先生」と呼び間違えるのは止めてくれませんかねぇ。

おちゃめな事務長。少しも偉ぶったところがなくて、私なんかにそんな気遣わなくてもいいのにと

思うくらいでした。一番電話を掛ける回数が多かったのも事務長でした。いつも仕事中じゃまして

すみませんでした。

誰かに、別れを惜しむ方に出会えてよかったじゃないですか、と慰められたけど

いろいろ教えて貰って、いろいろ知恵を出し合って来ただけに、寂しいなぁやっぱり。

その他の先生方にもお世話になったのに、満足なご挨拶も出来ずに申し訳けありませんでした。

どうぞ皆さん、新しい任地でもお元気で。また、お会い出来る日を楽しみにしています。

カテゴリー: 社長ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。